治療で脊柱管狭窄症を治す|病気の症状を調べる

女性

腰痛やしびれが出る病気

患者とナース

背骨の中には脊柱管という空間があって、その中の神経を守る働きをしています。高齢になると脊柱管が変形して神経を圧迫し、腰痛などの痛みが出ます。これが脊柱管狭窄症ですが、歩行困難でも前屈みになると歩けるという特徴があります。薬や牽引で治療しますが効果的なのはストレッチです。普段から行うと予防にもなります。

この記事を読む

痛みを取り除きます

ベッド

脊柱管狭窄症は状態がひどくなると手術を行いますが、場合によってはレーザー治療を行います。この治療は、皮膚を切開せずに行える施術方法で、患者さんに負担を与えることはありません。

この記事を読む

腰痛への手術と対症療法

カウンセリング

脊柱管狭窄症は腰痛や間欠跛行を伴う疾患です。足の痺れや腰痛を感じたら、早期に整形外科へ行き、治療を行う必要があります。治療は、一般的には保存療法で観察します。薬物療法やリハビリをしながら、正しい知識を得て、日常生活での注意を払っていくことが必要です。

この記事を読む

何故腰が痛むのか

病院

背中の骨が原因かも

脊柱管とは、いわゆる背骨の中身のことをいいます。背骨は椎骨という骨が積み重なってできており、その間にある空間(椎孔)が積み重なってできているのが脊柱管です。この脊柱管の中には、神経が入っている硬膜という袋があります。この神経は体を動かす上で非常に重要な神経のため、脊柱管がそれらの神経を守っています。しかし、脊柱管を取り囲む骨が変形したり、椎骨と椎骨の間にある靭帯という部分が分厚くなったり(肥厚)すると、脊柱管が狭くなります。これが脊柱管狭窄症です。この脊柱管狭窄症になると、脊柱管の中を通っている神経や血管が圧迫されるために、腰痛や下肢の痺れなどの症状が出現します。症状が出現するほど脊柱管が狭くなっている場合、治療が必要になります。

どうやったら治るのか

脊柱管狭窄症の治療は大きく分けて2つあります。1つは保存療法です。これは薬物療法、理学療法、運動療法、神経ブロック療法のことをいい、患者さんの生活スタイルに合わせて治療法を選択することになります。飲む薬は主に鎮痛剤、筋弛緩薬、末梢の神経障害を改善する薬などです。もう1つは手術療法です。狭くなった脊柱管を広げるには手術をするしかありません。ただし、症状がそれほど出現しておらず、尿が出にくくなるなどの症状がなければ慌てることはありません。もし保存療法で効果が得られない、日常生活に支障をきたすようなことでしたら、医師と相談して手術を受けた方が良いでしょう。手術の方法は、神経を圧迫している骨や分厚くなった靭帯を削り取り、神経の圧迫をなくします。その後、本人の骨盤から採取した骨を腰の骨の部分に移植して金属で固定するなどします。脊柱管狭窄症の代表的な症状は、神経が障害されることによる「しびれ」「動きにくさ」などの症状です。これらが出現したら病院を受診し、治療を受けた方がよいでしょう。